F1

「カルロス・サインツはフェラーリF1のファンを驚かせる」と父親

投稿日:

カルロス・サインツSr.は、2021年にフェラーリF1に移籍する息子カルロス・サインツがティフォシを“驚かせる”と信じている。

セバスチャン・ベッテルのフェラーリF1離脱とカルロス・サインツの加入はまったくの予想外ではなかったものの、2020年シーズンが開幕する前の早いタイミングでそれが実現することは予想されていなかった。

言うまでもなく、カルロス・サインツの家族は息子がフェラーリのF1ドライバーになることを喜んでいる。

「彼のために嬉しく思っているし、非常に誇りに思っている」とカルロス・サインツSr.は Sky Sports Italy に語った。

「彼はフェラーリに行くために頑張っていた。そして、私は彼が自分の選択にとても満足しているのを目にした。フェラーリのスーツを着ることは特別なことだ。彼もその時が来たらそう言うだろう」

レッドブルのジュニアプログラムを通して2015年にF1デビューを果たしたカルロス・サインツだが、そのキャリアはラリー界のレジェンドである父親の英才教育を受けた。

「私はかなり厳格なお父さんだった。特に彼が若い頃は、勉強とレースのバランスをとらなければならなかった」と2回のWRCチャンピオンであるカルロス・サインツSr,は語る。

「我々はレースをするためにイタリアへと渡ったが、彼が学校で単位を失うことは望まなかった。多くの競技があったが、彼を無理やりにでも学校に行かせ続けたことには満足している」

「彼が初めてカートに乗ったとき、彼がサインツという名前を背負っていることで難しいものになるかもしれないと警告した。それがすべての始まりだった」

「息子には素晴らしい才能があることにすぐに気づいた。私は彼がそこにたどり着くのを手伝っただけでだ。サインツと呼ばれることは役立つときもあるが、そうではない場合もある」

「彼はフェラーリのファンを驚かせるだろう」

また、カルロス・サインツSr.は、彼の息子には来年フェラーリのガレージの反対側に手ごわい敵がいると語る。

「彼はF1でベストドライバーのひとりであり、彼が並外れたドライバーであることはわかると思う」

「個人的に彼のことをよく知らないが、コース上での彼はとても速く、素晴らしいドライバーだ」

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ

-F1

Copyright© フォーミュラ最新情報・エフワン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.