F1

フェラーリ、マラネロのF1ファクトリーの操業を再開

投稿日:

イタリアの新型コロナウイルス感染拡大による長いロックダウンを経て、マラネロにあるフェラーリのF1ファクトリーが操業を再開した。

「月曜日に僕たちはF1部門をオープンした」とフェラーリF1のテストドライバーを務めるマーク・ジェネはRadio Marcaに語った。「多くの新型コロナウイルスの検査が行われ、すべての準備が整っている」

マルク・ジェネは、予想されている7月のオーストリアでシーズン再開の前に、フェラーリは2020年F1マシンを改善するために懸命に働くと語った。

「マシンに触れずに2か月半が経った。エンジニアがテレメトリを確認することもできなかった」

「僕たちがオーストラリアで持っていったマシンはすでに良かったが、もちろん違ったものになるだろう。改善すべき点はいくつかありますが、オーストリアのために改善していけることを期待している」

「僕たちはそこからスタートし、まだ戦うためのレースは19戦ある」

フェラーリ SF1000の評価
フェラーリF1は、2020年マシン『SF1000』に大規模な修正を行うと La Gazzetta dello Sport は報じている。

多くの人々は、フェラーリF1はこの冬の敗者だったと見ている。F1バルセロナテストで新車SF1000はメルセデスやレッドブル・ホンダを脅かすことができなかった。イタリアの新聞によると、フェラーリF1チームは3つの問題、SF1000の空力(特にノーズ形状)、サスペンション、内燃エンジンに焦点を当てて大改良を施しているという。

特に空力調整により、フェラーリ SF1000は2020年シーズンの開幕までにメルセデスやレッドブル・ホンダのマシンのような外観になるとしている。

メルセデスは数年前からかなり細いノーズで採用しており、レッドブル・ホンダは2020年マシン『RB16』でそのコンセプトを採用した。バルセロナでは、レーシング・ポイントとルノーが同じことをしたことがわかった。したがって、フェラーリは、まだ広いノーズで採用する数少ないチームの1つとなった。

F1チームは、よりスリムなノーズがより有利に機能する何かを見つけた。そしてフェラーリはその点で遅れている。シャーシ全体を変更するには遅すぎるため、まったく新しいノーズはおそらく開発されないが、現在のノーズはスリム化されるという。さらに、フェラーリは、フロントに追加の油圧要素が追加されたサスペンションを検討しており、ないエンジンの改善も検討している。

F1バルセロナテストのストレートでは、SF1000はライバルに比べて直線スピードがかなり欠けていた。フェラーリ自身の言葉によると、これはチームが2020年のダウンフォースの開発により焦点を合わせたとしている。

現在、フェラーリは、同じ燃料消費でより多くのパワーを供給できるかどうかに取り組んでおり、2番目のバージョンでは約20馬力のアップが見込まれているという。

カテゴリー: F1 / フェラーリ

-F1

Copyright© フォーミュラ最新情報・エフワン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.