F1

ルノーF1、フランス人のピエール・ガスリー起用という選択肢は?

投稿日:

2021年にルノーF1でダニエル・リカルドの後任を務めるドライバーにはセバスチャン・ベッテル、フェルナンド・アロンソ、ニコ・ヒュルケンベルグが候補に挙げられている。だが、フランス人ドライバーであるピエール・ガスリーというちょっと変わった選択肢はどうだろう?

先週、セバスチャン・ベッテルのフェラーリF1離脱が発表されたことをきっかけにフェラーリとマクラーレンが相次いで2021年のF1ドライバーラインナップを発表。だが、突然空席となったルノーF1のエステバン・オコンのチームメイトの座に誰が収まるかという問題の解決にはもう少し時間がかかりそうだ。

セバスチャン・ベッテルとフェルナンド・アロンソという二人のF1ワールドチャンピオンが最有力候補とみられているが、勝利には長い道のりが予想されるルノーF1に加入するにはかなりの説得力が必要になるだろう。

セバスチャン・ベッテルは、レッドブル時代にルノーのF1エンジンで4回のF1ワールドチャンピオンを獲得したことを考えれば、ルノーF1にはいくつか良い思い出があるだろう。4月のメディアセッションでベッテルがまだF1への情熱を失っていないことは明らかだが、ルノーF1の現状でその情熱をそのまま維持することができるかは疑問符がつく。

もうひとりの候補であるフェルナンド・アロンソのルノーF1への復帰の方が現実味はあるかもしれない。アロンソはルノーで2回のF1ワールドチャンピオンを獲得している。マクラーレンを去った後もアロンソがF1のスポットライトから外れたことがなかったが、F1を離れたのは競争力のないマシンを得られないことが理由だった。新世代のマシンの導入は2022年まで凍結されたため、F1の勢力図はしばらくの間変わることはないだろう。

2018年までルノーのF1ドライバーを務めたニコ・ヒュルケンベルグが復帰すれば、物事はスムーズに進むかもしれない。だが、ルーキーのエステバン・オコンにシートを奪われ、“悲観的なドライバー”とのレッテルを張られたルノーF1に復帰することをヒュルケンベルグのプライドが許すだろうか。

では、それらの3名のドライバーを獲得できなかった場合、ルノーF1はどこに目を向けるだろう? 彼らがアカデミードライバーを起用することに熱心であるかはわかっているが、まだ誰もスーパーライセンスを獲得しておらず、2021年にその夢を実現するのはまだ時期尚早かもしれない。

では、フランス人ドライバーのピエール・ガスリーはどうだろう? ルノー側は否定しているものの、エステバン・オコンを起用した背景にその国籍があるのは間違いないだろう。

2019年にレッドブルからダニエル・リカルドを奪ったルノーF1は、今後はピエール・ガスリーを奪うことで再び大きな喜びを得るかもしれない。

昨年、レッドブルからトロロッソへの降格を経験したピエール・ガスリーは、今年もアルファタウリに名前を変えたチームでレッドブルへの昇格を狙っているが、アレクサンダー・アルボンが昨年同様のパフォーマンスを発揮し続ければ、かつてカルロス・サインツがそうだったように何年もジュニアチームから抜け出せなくなるだろう。

また、ピエール・ガスリーとエステバン・オコンのライバル関係もルノーF1を記事の見出しに導くかもしれない。

ピエール・ガスリーはエステバン・オコンについて「彼を楽し始めたら、彼はそれが気に食わなかったみたいで、僕たちはもう友達ではなくなった」とピエール・ガスリーは語っている。

「エステバンと一緒にたくさんのことをしてきた。9~10歳のときは雪が降っていてもカートでテストをしていたね。とても寒かったので5周しか無理だった。一緒にコースに出て、暖かくなったら、さらに3~4周コース上にいたりね」

「僕たちは一緒に多くの時間を費やしたけど、彼が少し動揺しすぎて、あまりよくないポイントに達した。だから、僕たちはある意味九千した。その後、僕たちはずっとかなりのライバル関係にあった」

「僕たちはドライバーとしてお互いを尊重していると思う」

幼なじみの2人の友人が敵になることがうまくいかないことはメルセデスで証明されている。確かに優れたマシンとマネジメントが必要という問題があるが、ルノーF1ではそのどちらもうまくいっていない。

だが、必要とされる競争心とお互いに最高を引き出すことができる2人のドライバーがいることは、ルノーF1がまだ探している次のレベルに導くのを助けになるかもしれない。

カテゴリー: F1 / ルノー / ピエール・ガスリー

-F1

Copyright© フォーミュラ最新情報・エフワン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.