F1

F1事件簿:アロンソとハミルトンの軋轢の着火点となったハンガリーGP

投稿日:

2007年のマクラーレンF1のドライバーデュオは失敗に終わった。2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソとマクラーレンの秘蔵っ子としてF1デビューしたルイス・ハミルトン。シーズン序盤は非常に順調で、5回の勝利と16回の表彰台のフィニッシュは第11戦となったF1ハンガリーGPまで続いた。

F1ハンガリーGPの予選もマクラーレンF1にとって順調に進んでいた。だが、両方のドライバーが容易に進出した予選Q3の終わりにチームスピリットは突然脆くも崩れ落ちた。

最後のアタックにむけて新品タイヤに交換するために両方のドライバーがピットインした。最初にガレージに到着したのはフェルナンド・アロンソ。タイヤは問題なく交換され、ピットアウトする準備ができていたが、アロンソはそうしなかった。

後方では待機していたルイス・ハミルトンが焦りを募らせている間、フェルナンド・アロンソは微動だにしない。10秒以上が経過してアロンソはようやくピットを離れて、ポールポジションに十分なタイムを記録。その一方で、ルイス・ハミルトンは最後のアタックのためにラインを通過することができず愕然とした。

多くの人々がチーム代表のロン・デニスがフェルナンド・アロンソのエンジニアに激怒したと状況について語っていたが、当時、マクラーレンのエンジニアを務めていたマーク・プレーストリーは、チーム内の2つの陣営の間の“戦い”は実際にはもっと早くに始まっていたと語る。実際にそのきっかけを作ったのはルイス・ハミルトンの陣営だった。

「マクラーレンでは、予選間、公平でオープンなシステムを採用していた。2人のドライバーを入れ替えていた。あるレースの週末は一人のドライバーが最初にコースに出て、別の週末にはもう一人のドライバーが最初にコースに出る。それは大きなアドバンテージをもたらす」

「ハンガリーの週末はアロンソが最初にコースにでる番だった。しかし、ルイスは彼のエンジニアの助けを借りて、ハンガリーの予選中にそのルールを無視した。ガレージの反対側の誰もが混乱して怒っていた。だが、起こっている時間はなかった。アロンソはコースに出てハミルトンを追った」

「ラジオで大声で叫んでいたが、ルイス側のガレージでは鼻血が出ているふりをした。すでに多くの論争を引き起こされていた。単なるミスだと考えた者もいたが、明らかにそうではないと考える者もいた。ハミルトンはアロンソを先に前に出せというすべての無線を無視して運転を続けた。チームボスの言うことさえも聞かなかった」

そして、前述の状況が発生した。フェルナンド・アロンソは報復したのだ。

「ピットストップのためにアロンソが入ってきた。ピットストップは完璧だった。最後の予選ラウンドにむけて完璧なタイミングを得るために彼を数秒間待たせた。我々は3、2、1とカウントダウンしたが、その後何も起こらなかった」

「ハミルトンが彼の後ろに並んでいる間、エンジニアは『フェルナンド、もう行くんだ!』とエンジニアが叫んだ。しかし、彼は動かなかった。ガレージのみんなはお互いを見つめ、誰も理解していなかった。ルイスは彼の後ろで立ち往生し、まるで信号待ちで怒っているストリートレーサーのようにうなっていた。数秒後、私はアロンソが意図的にそうしているのに気づいた・・・」

「アロンソは10秒間静止した後、ようやく走り出した。素早いピットストップの後、ハミルトンも離れたが、ラップをするための時間はなかった。アロンソはラインを横切り、最後の予選ラウンドを開始した。時計の残り時間は1秒しかなかった」

「私は両方のドライバーの振る舞いにうんざりしていた。計画を守らなかったルイスも、復讐したアロンソもね。その日、私は彼らに対する多くの尊敬を失ったが、同時に1秒しか残さなかったアロンソに感銘も受けました。彼はラインを通過するためにピットを離れ、同時にハミルトンが成功しないようにする時間を計算することができた」

それはマクラーレンF1にとってシーズンの悲惨な終わりの始まりだった。ガレージの両側が互いに競い合い、コンストラクターのタイトルを獲得するために協力するのではなく、お互いに焦点を合わせた。

「その年にタイトルを獲得できなかったという事実は、ハンガリーでの予選セッションに遡ることができる」とマーク・プリーストリーは語った。

フェルナンド・アロンソは、ルイス・ハミルトンの予選を妨害したとして5グリッドの降格ペナルティを科せられた。最終的にレースではルイス・ハミルトンが勝利を収めたが、その後、チームにとってのレースは下り坂になった。

マクラーレンは、フェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンが109ポイントで並び、フェラーリのキミ・ライコネンに1ポイント差でタイトルを持っていかれた。そして、コンストラクターズ選手権はスパイゲート事件によって失格となった。

フェルナンド・アロンソはわずか1年でマクラーレンを離れてルノーに移籍。ルイス・ハミルトンは翌年最初のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

カテゴリー: F1 / マクラーレン / フェルナンド・アロンソ / ルイス・ハミルトン

-F1

Copyright© フォーミュラ最新情報・エフワン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.